Amazon(アマゾン)で販売数を把握する 3つのポイント

こんにちは。海野です。

中国輸入に限らず物販ビジネスでは
適正在庫数を把握する事が重要ですよね。

仕入れ数が多すぎたら、
過剰在庫でキャッシュフローが
著しく悪くなり赤字のリスクが
高くなりますし、

逆に仕入れ数が少なすぎたら
機会損失が発生し、売上の低下を招きます。
それにロット数が少なければ
その分、商品単価が高くつきますからね。

適正在庫を仕入れなければいけません。

新しい商品を取り扱う場合、
適正在庫を知るには
近い商品もしくは同じ商品が
どれだけ販売されているか
調べる必要があります。

今回はAmazonで販売数を
把握する方法をシェアしたい
と思います。

Amazonで販売数を把握する方法

Amazonで販売数を知る方法は

  • ランキング
  • レビュー数
  • 在庫数

この3パターンです。

それではそれぞれ
見ていきましょう。

 

ランキング

単純にランキングが高いから
売れている商品ということが
言えなくはないですが、

それだけでは不十分ですね。

Amazonは商品が売れると
ランキング上がり、
商品が売れないと
ランキングが下がります。

そのランキングの推移を記録して
販売数を割り出す方法があります。

まあ、すっかりおなじみではあるのですが…

この2つですね。

どちらも無料なのが嬉しいです。

使い方は2つともだいたい同じなので
今回はモノレートを紹介します。

モノレート-検索窓

ここに気になる商品の

  • 商品名
  • JANコード
  • ASINコード

のいずれかを入力するだけです。

 

モノレート

すると、このような
グラフが表示されます。

 

そして、
モノレート

商品が売れると
このようにランキングが
上がります。

おそらくこのグラフの
商品はこの期間に6個ほど
売れたと思われます。

ただ、あくまでランキングの
推移ですので過信は禁物です。

例えば、同じ人がこの商品を
複数購入したとしても
ランキングの推移から
判断できませんし、

モノレート爆売

こういった場合ですと

販売数は推測できません。

まあ、売れていることは
間違いなさそうですけどね。

非常に便利ですが
過信のしすぎには注意です。

 

レビュー数

レビュー数06

商品が売れれば、
レビューを書く人もいますから
売れている根拠のひとつにはなります。

上記でモノレートと
プライスチェックを
紹介しましたが、

たまにランキングが
とれていない商品があります。

どちらか片方でも
とれていたらいいのですが…

具体的な数字は把握できないですが、
レビュー数を確認して判断材料の
ひとつにしましょう。

ただ、自演でレビューを書いている
セラーもいるので注意してください。

 

在庫数

Amazon FBAに限るのですが
出品者の在庫数を記録していき、
“減った数=売れた数”とみなす方法です。

この方法が3つの中で一番正確に
売れた商品数が把握することが
可能です。

在庫チェック

検討している商品をカートに入れ
在庫数を999と入力しクリックします。

 

在庫チェック

するとその商品の在庫数がわかります。

この商品は残り在庫が52個みたいですね。

この方法でFBAセラーの在庫数を
定期的にチェックして在庫の減少量を
把握します。

ですが、手作業ではかなり過酷なので
在庫数から仕入れ数を決める場合は
必ずツールを使いましょう。

 

Amazonで販売数を把握する方法 まとめ

適正在庫を見極めて
仕入れるのは意外と
難しいところです。

既に自分が販売している
商品ならば過去の実績から
適正在庫が分かりますが、

新しく扱う商品の場合が問題ですね。

Amazonの相乗り出品だと
ひと月に売れている個数に
自分を含めたセラーの人数を
割れば良いだけなので簡単なのですが…

新規商品登録の場合
売れるまでに時間が
かかるケースがあるので
やっかいです。

僕は扱う商品カテゴリを
ほぼ固定しているので
自分の得意なジャンルは
だいたい把握していますが

最初のうちは過少在庫より
過剰在庫に気を付けた方が
無難です。

まあ、この辺りは慣れと
ともに解消されます。

あっ、あとモノレートを使う場合、
Google chromeをお使いの方は
拡張機能の追加をおすすめします。

モノレート拡張機能

Chromeに追加するだけですぐに使えます。

モノレート-拡張

画像の様に【ama show】と
書かれたアイコンが出てきます。

それをワンクリックすると
モノレートに移動できます。

地味に楽なので使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です