中国輸入 商標権とは

こんにちは。海野です。

中国輸入をしていると
商標権という言葉を
必ずといって良いほど
耳にしますね。

ところで…、

商標権のことを理解していますか?

なんとなく
『はいはい、商標権ね』
と考えていると…

痛い目にあうことも
あるかも知れません…。

中国輸入をするのであれば、
必ず、商標権を理解しておく
必要があります。

今回は商標権について
解説していきたいと思います。

中国輸入 商標権って何?

そもそも商標って
何かご存知ですか?

商標とは

「誰が作った製品なのか?」

「誰が提供しているサービスなのか?」

それを表すマークのことです。

いわゆるトレードマークや
シンボルマークといったものですね。

そして、商標権とはそのトレードマークを
独占的に使用できる権利のことです。

商標権は特許庁に申請することで
取得することが出来ます。

 

中国輸入 商標権侵害とは

商標を登録したら、
当然、商標権の所有者以外の人は
勝手にその商標を使用することが
できなくなり、

商品や商品の包装などに人様の商標を
使ってしまうと商標権侵害となります。

 

中国では
「商標…。なんすかそれ?」
と言わんばかりに

商標登録されているキャラクターや
ロゴの入ったアパレルなどなど
平然と無数に販売されています。

カルチャーショックですね…

それを我々、中国輸入プレイヤーたちが
知ってか知らずか…
輸入し、販売してしまうケースが
少なからずあるわけなんです。

もちろん、通関時に没収される
可能性も高いですが。

あと、同一の商標だけでなく、
類似している商標も勝手に
使用することができませんからね。

 

商標権侵害をした場合

商標権侵害した場合は
それ相応のペナルティが発生します…。

商標権を侵害した者には、

10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、
又はこれらが併せて科されます。(商標法78条)

また、

法人の代表者、従業者がその業務に関し、
侵害行為をした場合には、その行為者が罰される外、
法人にも3億円以下の罰金刑が科されます。(商標法82条)

だそうです…。

 

当然、商標権侵害で得た利益は
損害賠償として没収されるみたいですね。

まあ、ケースにもよるので
一概にはいえませんが…。

下手したら人生終わりかねません。
カイジのように地下帝国に…

 

商標登録されているかの確認方法

商標権侵害を防ぐには事前に
商標登録されているか確認する
必要があります。

J-platpatというサイトを使って
商標登録されているか確認してください。

J-platpat

特許情報

 

文字を使って探す場合は
は簡単なので説明は省きますが、

仕入れの段階で柄やマークしか分からず
その柄やマークが商標登録されているか
確認する場合が面倒です。

例えば、

タオバオ洋服
まあ、これは普通に
Burberryと書かれていますが(笑)

仮にBurberryと書かれていなくて
この柄も知らなかったとしたら
画像から判断しなくてはいけませんね。

商標のタブから図形等商標検索で
探すことも可能ですが、

図形等分類を入力する必要があり
すごく手間が掛かりますので
あまりおすすめしません。

ですので、

一度、Googleで画像検索してみて
ダメだったら、

J-platpatのヘルプデスクに
問い合わせするのをおすすめします。

 

中国輸入 商標権とは? まとめ

中国は本当に偽物が多いですね。

Amazonでも中国から輸入した
と思われる商標侵害しまくった
商品がけっこうあります。

悪気があるかどうかは知りませんが、
そんなことは関係ありませんね。

知らなかったじゃすみませんから…

仕入れる前に商標登録されて
いるかちゃんと確認して、

クリーンで安全に販売していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です