中国輸入×Amazon(アマゾン) リサーチ方法【決定版】

こんにちは。海野です。

中国輸入 Amazon リサーチ”とググると、

まあー、たくさんの情報が出てきますね。

別に効率よく利益率のいい商品を
リサーチできるならば、
方法は何でもいいと思うのですが…

最初のうちはある程度、
型にはめてリサーチした方が
リスクやミスは減ります。

今回は中国輸入→Amazonのリサーチ方法の
一連の流れを4つのステップに分けて紹介します。

中国輸入 Amazonリサーチ手順

リサーチの手順は

  1. Amazonで仕入れ候補をリサーチ
  2. Amazonで販売個数をリサーチ
  3. 中国サイトで仕入れ元をリサーチ
  4. 利益計算

この順番がおすすめです。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

Amazonで仕入れ候補をリサーチ

まず仕入れ候補となる商品を
リサーチする必要があります。

今回、紹介するリサーチ手順の中で
唯一、感性やセンスといったものが
入り込む余地がある部分です。

初心者のうちは国際送料などが
上級者と差があるので
小さくて軽い商品を扱うのが
セオリーですが、

まあ、あまりとらわれすぎるのも
どうかなと思います。

仕入れ候補となる商品を
リサーチする方法は
『Amazonで中国輸入商品を見抜く5つのリサーチ方法』
に詳しく書いたので確認してください。

 

Amazonで販売個数をリサーチ

仕入れ候補となる商品が見つかったら

その商品(もしくは近い商品)が
月に何個売れているのかを
把握していきます。

これは仕入れるか否かの
判断材料のひとつになりますし、
いくつ仕入れるかの指針に
なりますので必ず行ってくださいね。

月々の販売個数の調べ方は
『Amazon(アマゾン)で販売数を把握する 3つのポイント』
に詳しく書いたので確認してみてください。

まあ、面倒だったら

  • モノレート
  • プライスチェック

でランキングの推移から
目星をつけましょう。

 

中国サイトで仕入れ元をリサーチ

月に何個売れているか確認できたら、
次はその商品の仕入れ元を
突き止めていきます。

アリババタオバオなどの
中国サイトで特定の商品を探す場合、

リサーチ方法は

  • キーワードで検索
  • 画像で検索

の2パターンです。

個人的にはキーワードで検索
の方がおすすめですが、

まあ、どちらでもやりやすい方で
仕入れ元を探しましょう。

具体的なリサーチ方法は
『中国輸入リサーチ方法 キーワード検索編』
『中国輸入リサーチ方法 画像検索編』
で確認してください。

 

利益計算

仕入れ元が判明したら利益計算をして
仕入れるか否かの最終判断です。

利益計算の方法は
『中国輸入の利益計算 【粗利益と利益率の求め方】』
で確認してください。

ここであなたの中で
ルールを作っておくと
いいと思います。

例えば、
粗利:500円以上且つ、
利益率:30%以上など
と予め決めておけば、
余計な感情は入らないので
ミスは少なくなります。

 

中国輸入×Amazon(アマゾン) リサーチ方法 まとめ

お疲れ様でした。

Amazonから中国製品を
リサーチする部分はある程度、
個性がでるので

最初のうちは自分でした方が
良いと思いますが、

それ以外は全てマニュアルですので
すぐにでも外注しても問題ないです。

あと、
今回紹介したリサーチ手順は
Amazonで既にある商品にしか
対応していない様に思ったかもしれませんが、

そんなことはありません。

Amazonでまだ出品されていない商品でも
近い商品でこの手順を踏めば
大きく逸れる可能性は低くなります。

もちろん、OEM生産する場合も
同様のことが言えますね。

効率よく利益率のいい商品を
リサーチできるならば、
本当に方法は何でもいいと思います。

もし、僕のブログを読んでくれている人の中に
リサーチ方法でつまずいている人がいるなら、

是非、一度このリサーチ手順を
試してみてください。

オススメです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です