FBA(フルフィルメント by Amazon)とは

こんにちは。海野です。

AmazonのFBAを活用していますか?

中国輸入プレイヤーの多くは
FBAにお世話になっていることだと思います。

もちろん僕もFBAの倉庫に
足を向けて寝られないほど
お世話になっております(笑)

まだFBAを使っていない人、
副業で中国輸入を取り組んでいる人には
特におすすめです。

今回は我らがAmazonの提供する
FBAについて詳しく解説したいと思います。

 

AmazonのFBAって何?

FBAとは
“フルフィルメント by Amazon”
の略です。

因みにフルフィルメントとは
梱包、発送、在庫管理、物流管理などなど
商品の受注からお客さんに商品が届くまでに
必要な業務全体を指す言葉です。

FBAはまさしくAmazonがそれらを
代行してくれるサービスなわけです。

 

FBA サービス内容

FBAの具体的なサービス内容は

  • 受注管理
  • 梱包
  • 発送
  • 返品対応

こんな感じです。

つまり、Amazonの倉庫に商品を預けたら、
あとは受注管理から返品対応まで
Amazonが代行してくれるわけです。

いやはや、いちいち発送作業なんて
自分でやってられないですからね。

自己発送と比較すると

FBA自己発送比較

こんな感じです。

この赤枠部分をAmazonが
オートで代行してくれるので

FBAを使えば
『気付いたら売れてるやん』
状態になります。

作業量がグッと減りますね。

 

FBAメリット

FBAには他にも

  • Amazonで売れやすくなる
  • FBAマルチチャネルサービス

という大きなメリットがあります。

 

Amazonで売れやすくなる

カートボックス

上の画像の赤枠部分を
カートボックスというのですが

1つの商品ページに複数出品者がいる場合、
価格や評価などの要素でカートボックスが
選ばれます。

そして、FBAもその要素のひとつなので

FBAを利用するとカートボックスの獲得率が上がります。

そのため、自己発送の商品より
多少、価格が高くてもカートボックスが
獲得できるというわけですね。

購入者の大半はカートボックスから注文しますから、
FBAを使うと売れやすくなります。

 

また
『新規出品の場合は関係ないのー?』
と思った方。

安心してください。

新規出品の場合も
FBAで出品されている商品は
自己発送で出品されている商品よりも
検索順位が優遇されます。

 

FBAマルチチャネルサービス

FBAに預けている商品は
Amazon以外で売れた場合でも
Amazonが発送してくれます。

このサービスのことを
FBAマルチチャネルサービス
といいます。

非常に便利ですよね。
ちょいと入力するだけで
発送依頼できますし、

配送業者と契約をしていない状態で
60cm以上のダンボールで発送する場合は
送料を安く抑えることができます。

料金表

全国一律料金というのもありがたいですね。

また、
小田原FC・川島FC、大東FC・川越FC
に預けている場合は無地の段ボールで出荷してくれます。

『チョット!Amazonから商品届いたんですけどー』

他の販路でAmazonのロゴの入ったダンボールで
発送するとうるさい人もいますからね…。

 

FBAデメリット

FBAは非常に便利ですが
デメリットもあります。

まあ、いくつかあるのですが、

よく言うのが価格面ですね。

別に価格が高いことはないのですが、

初心者の方でも商品サイズによっては
自己発送の方が安く済むケースも
結構ありますので、

その辺は手間と価格に折り合いをつけて
使い分けましょう。

 

FBA 料金の調べ方

fba料金

FBAで発生する費用は
FBA料金シミュレーター

使えばすぐわかります。

FBAシミュレーション

調べたい商品の商品名やASINを入力して、

フルフィルメント費用小計を
確認するだけです。

FBAと自己発送の比較も
簡単にできるので
要チェックですね。

 

FBAとは? まとめ

FBAはかなり便利です。

副業で中国輸入に取り組む場合は
必須と言っても過言ではない
かもしれませんね…。

ですが…、

正直なところFBAに依存しすぎるのも
なかなか危険な状態です。

ついこないだ、
amazonプライム非会員の場合、
2000円未満のFBA商品は350円の送料が
発生するようになりましたね。

出品者の負担は増えない風な
雰囲気をかもし出していますが、

普通に値上げですね…。

他にもFBAも過去に何度か値上げがありましたし
今後、値上がりする可能性も十分にありえますよね。

まあ、FBAに限った話ではないですが
いざって時は対処できるように準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です