中国輸入 アパレル販売のメリット・デメリット

こんにちは。海野です。

中国輸入ではアパレルは
定番の商品ジャンルですよね。

これから中国輸入を始める人の中にも
アパレルを扱いたいって人は多いと思います。

しかし、アパレルで稼ぐのは
けっこう難易度が高めです。

安易に仕入れると痛い目に合う可能性も…

今回はアパレル販売の
メリット・デメリットを紹介します。

 

中国輸入 アパレル販売のメリット

アパレルを販売するメリットは

・利益率が高い
・生産工場が多い

この2点が大きいところかなと思います。

 

利益率が高い

何と言ってもアパレル販売の
最大の魅力は“利益率”の高さです。

まあ、ものにもよりますが、
アパレルの原価なんてたかが知れています。

ロット数さえクリアすれば、
安く仕入れすることが出来ます。
また、

アパレルは“デザイン”などに
価値を置く人が多いので

ブランディングがしっかり出来ていれば
高く販売しやすいジャンルと言えます。

 

生産工場が多い

アパレルは需要が多いので
中国でも生産工場が非常に多いです。

もちろん、タオバオアリババなどでは
無数のアパレルの商品がありますし、

OEMする場合も価格や質、ロット数など
納得のいく工場は見つかりやすいです。
また、アパレルを加工してくれるところも
たくさんあるので

仕入れたものにロゴを入れたり
ブランドタグを付けるのも簡単にできます。

選択肢が多いのでオリジナリティは出しやすいです。

 

中国輸入 アパレル販売のデメリット

中国輸入でアパレルを扱う場合、
質や臭い、サイズ感のズレなどが
よくデメリットで上げられていますね。

確かにその辺りも懸念点になりますが、
良いショップ・良い工場を見つければ
解消されます。

僕的にアパレルを販売する上で
最大のデメリットは

集客が難しい”

これにつきます…。
アパレルは需要が大きいですが、
反面、競合もひしめいています。

仮にあなたがアパレルの
良い仕入れ先を見つけたとしても

その仕入れ先の商品と
機能や品質面で大差のない商品が
既に多く流通している可能性は高いです。

そのため集客には骨を折ります。

結局、集客しきれずシーズンが過ぎて
不良在庫になってしまう
ってパターンもよく聞きます。

高い利益率を保持して販売するには
ブランディングしていく必要があります。

中国輸入 アパレル販売 まとめ

f2041638d36bb6846c33b895c42c589c_s

個人的には中国輸入初心者の方は
あまりアパレルを出品するべきでは
ないと思うのですが…。

やっぱり、アパレル好きなおしゃれさんは
中国輸入でアパレルを扱いたいと思いますよね。

もちろん、気持ちは分かります。

どうせ中国輸入をするなら、
自分の好きなジャンルで
楽しく利益を上げたいに
決まっていますよね。

そう言った考え方は
けっこう大事だと思います。

たしかにアパレルでも
稼いでいる人は稼いでいますし、

僕も一部、アパレルを販売しています。

やはり、興味のないジャンルを
扱っていても楽しくないですし、
商品ページにもどこか作り込みの
アマさみたいなのが出てしまいます。

アパレルは集客のハードルは
なかなか高いのは事実ですので、

アパレルは集客の難しさを
理解したうえで扱いましょう。

中国輸入 アパレルで継続的に稼ぐ方法

2016.10.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です