中国輸入 代行業者と現地パートナー どっちがいいの?

こんにちは。海野です。

中国輸入では商品を仕入れる手段として
代行業者」か「現地パートナー(個人)
の2パターンがあるわけですが…

「現地パートナー(個人)」に
魅力を感じる人が多いのか
『中国人パートナーを紹介してくれませんか?』
とちょいちょい言われます。

流石に不特定多数の人に
パートナーを紹介することは出来ませんので
基本的にはお断りさせて頂いていますが

代行業者代行業者で良いところはあります。

今回は
代行業者」と「現地パートナー(個人)」
を比較してみたいと思います。

 

中国輸入 代行業者と現地パートナー 比較

代行業者にしろ、現地パートナーにしろ
ところによってそれぞれですし、
一概に比較は出来ませんが…

性質は大きく異なり、
それぞれ一長一短があります。

それらを理解した上で
代行業者か現地パートナーか
選択するべきです。

 

代行業者のメリット

中国輸入における
代行業者のメリットは

  • 簡単に見つかる
  • 信頼度が高い
  • 日本の銀行口座がある

この辺りです。

 

簡単に見つかる

中国輸入代行業者は数が多く
簡単に見つけることが出来ます。

中国輸入が参入し易い最たる理由ですね。

まぁ、どこの代行業者を使うか
という課題はありますが、

仕入れる手段がなく、
中国輸入ができないと
悩むことはないです。

 

信頼度が高い

代行業者の大半は法人ですからね。
当然、個人である現地パートナーと
比べ信頼度は圧倒的に高いです。

音信不通になったり、
商品が欠品していたりという
リスクはあまりありませんね。

日本スタッフがいるところが
ほとんどなので安心して取引できます。

 

日本の銀行口座がある

中国輸入代行業者はどこも
日本の銀行口座を用意しているので
決済方法で困ることはありません。

当たり前だろと思う人もいるかもですが
決済方法が簡単というのは
ありがたいところです。

 

代行業者のデメリット

中国輸入における
代行業者のデメリットは

  • 融通が利かない
  • コスパが悪い

この辺りです。

 

融通が利かない

やはり現地パートナーと比べると
融通が利かないところが多いです。

既にやり方が固まっていて
マニュアル化されているので
個人の要望は受け入れてくれない
代行業者が多いです。

 

コスパが悪い

融通が利かないのと同様に
多少、取引量が多かろうが
基本的にいちいち値引きは
してくれません。

取引量が増えて来たら
コスパの悪さを感じます。

 

現地パートナーのメリット

中国輸入における
現地パートナーのメリットは

  • 融通が利く
  • コスパがいい

この辺りです。

 

融通が利く

中国輸入における現地パートナーの
最大のメリットは融通が利く点です。

中国のお国柄なのかビジネスに対して
意欲的な人が多く、

購買代行以外にもリサーチや
OEM工場を探してくれたり
頼んだら割と何でもしてくれます。

 

コスパがいい

現地パートナーは融通が利く
ケースが多いので
価格面も交渉しやすいです。

代行業者の料金体系は基本的に
取引金額の〇%といった係数で
計算するとこがほとんどですが、

現地パートナーなら固定給で
お願いすることも可能ですし、
取引量が増えてきたら
送料も安くなっていきます。

 

現地パートナーのデメリット

中国輸入における
現地パートナーのデメリットは

  • 手間がかかる
  • 信頼度が低い
  • 決済方法

この辺りです。

 

手間がかかる

ある程度、貿易経験がある人は
いいですが、
貿易経験があまりない人は
一から教える必要があるので
かなり手間が掛かります。

最初から優秀な現地パートナーが
見つかればいいですが、
根気よく優秀な現地パートナーを
探し続けるのも労力を使います。

 

信頼度が低い

現地パートナーは
どうしても個人差があり、
当たり外れは大きいです。

急に連絡が取れなくなったり、
なかなか商品を送ってくれない人も
過去に何回か遭遇したことがあります。

代行業者と比較すると信頼度が低いので
信頼関係を築く必要があります。

 

決済方法

何人もの現地パートナーと
取引きしてきましたが、
日本の銀行口座を初めから
もっている人はまずいません。

基本的に海外送金する必要があります。

Paypalであれば簡単に送金できますが
為替手数料が2.9%~3.6%掛かり、
さらに受取り手数料が4%近く発生します。

クレジットカードで支払える
恩恵も大きいところですが、
なかなかお高く、送金額の調整も
面倒くさいところです。

銀行振り込みは
送金理由が貿易目的だと
現地パートナーが対外貿易権を
取得していないと止められます。

SBIレミットが一番安定しますが、
どちらにせよ現地パートナーには
対外貿易権を取得してもらうべきなので
面倒なところです。

 

中国輸入 代行業者と現地パートナー 比較まとめ

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_s

中国輸入代行業者と現地パートナーに
共通して求めるものは

  • 商品購入
  • 検品
  • 商品撮影
  • 配送

こんなところですね。

価格面を除けば、クオリティは
代行業者に軍配が上がることが多いです。

特に配送に関しては
FBA直送が理想ですが、
FBA直送には関税を元払いにする
必要があるので配送方法は
ある程度限られてしまいます。

そのため、パートナーに
FBA直送をしてもらうには新たに
配送方法を指定する必要があるので
手間も掛かりますし、
送料の値引きが利かない場合があります。

その点は代行業者の方が便利です。

しかし、リサーチやOEM工場探しなどは
現地パートナーの方が快く
対応してくれる可能性が高いので

やはり一長一短あります…。

まあ、初心者のうちは代行業者
良いと思います。

代行業者も安くて良質な
サービスを提供しているところも
ありますからね。

ある程度、取引量が増えてきてから
現地パートナーの採用も視野に入れて
検討し直したのでいいと思います。

中国輸入 現地パートナーとは

2016.12.02

中国輸入 代行業者とは

2016.11.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です