中国輸入 代行業者とは

こんにちは。海野です。

あなたの代わりに中国から
商品を仕入れてくれるのが

代行業者“というわけですが

中国輸入では代行業者の
存在は大きいところです。

作業効率や売り上げにも
直結しますからね。

今回は中国輸入をこれから始める方や
代行業者選びに悩んでいる人に向けて、

代行業者について改めて解説したいと思います。

 

中国輸入 なぜ代行業者は必要なのか?

中国輸入は言うまでもありませんが、
中国から商品を仕入れて
日本国内で販売していくのが主ですね。

AliExpress(アリエクスプレス)など
セラーが直接日本に商品を発送してくれる
場合を除いて、

通常、日本に商品を送ってくれる
セラーはなかなかいません。

もちろん、交渉次第で
日本に商品を送ってくれる
可能性もありますが

交渉するにしても
英語もしくは中国語での
やり取りが基本ですし、

また、アリババタオバオといった
中国輸入における主要サイトの
支払い方法は基本的に
支付宝(アリペイ)”を使用します。

しかし、支付宝(アリペイ)の
アカウントを作成するには
中国の銀行口座とSIMカードが
必要となり…

これらを用意するには
本人が直接、銀行の窓口に行く必要があるので、
最低でも1度は中国に行く必要があります。

しかし、そこまでして
中国のセラーと直接やり取りする
メリットはありません。

特に初心者であれば、
1回の注文で複数のセラーから
仕入れるケースが多いので

仕入れ商品を中国内で集め
まとめて発送したほうが
送料は安くなりますし、
作業効率も上がります。

そのため、中国輸入では
代行業者(もしくは現地パートナー)を
利用して商品を仕入れます。

 

中国輸入 代行業者の業務フローは?

中国輸入における
代行業者の業務フローは

  • 商品購入
  • 荷受け(中国内)
  • 検品
  • 梱包
  • 国際配送(中国→日本)

主にこんなところです。

流れは

代行業者-業務フロー

どこの代行業者も
大体こんな感じです。

 

中国輸入 代行業者の選び方

良い代行業者は対応をが早く
検品や梱包が丁寧です。

さらにそれに加え、

  • 商品撮影
  • 二次加工
  • FBA直送
  • セット化

などのオプションが付いている
代行業者が理想です。

作業効率は大幅に上がります。

 

また、代行業者選びは価格面を
第一に考える人が多いですが、

代行手数料だけで安いか否か
判断するのは早計です。

代行業者の中には
たまに手数料を0%と謳っている
ところもありますが、

どこの代行業者もビジネスで
サービスを提供しているわけですからね。

為替レート等に利益を乗せている
可能性が高いです。

代行業者の料金は

  • 国際送料
  • 代行手数料
  • 為替レート

この3つを加味して計算してください。

ただ、

中国輸入の場合は
価格面だけで代行業者を選ぶのは
あまりおすすめできません。

そもそも代行業者も価格競争が激しく
コモディティ化しつつあります。

それでもさらに安い場合は
何かしらの理由があります。

まぁ、多いのは人件費ですかね。

仮に人件費を抑えているのであれば、
検品や梱包はどうしても雑になります。

中国はどうしても不良品が多いですからね。

多少、利益を喰っても、
検品等に力を入れている
代行業者を選ぶことで
不良品は確実に減ります。

 

中国輸入 代行業者まとめ

倉庫

副業で中国輸入に取り組むのであれば、
メインの販路はAmazonを推奨しているので
FBA直送が可能な代行業者がおすすめです。

副業であれば、
なかなか作業時間が取れませんからね
できるだけ中国輸入の作業を
中国国内で済ました方が効率がいいです。

FBA直送をはじめ、
商品撮影、二次加工、セット化など
対応しているのであれば
中国輸入の自動化に大幅に近づきます。

価格面のみならず、
仕組み化しやすい代行業者を
選びましょう。

あと、余談ですが、
僕の現地パートナーの1人が
代行業者を立ち上げるみたいなので
良いサービスが提供できそうであれば
また紹介したいと思います。

中国輸入 現地パートナーとは

2016.12.02

中国輸入 代行業者と現地パートナー どっちがいいの?

2016.11.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です