中国輸入 現地パートナーとは

こんばんわ。海野です。

中国輸入では商品を仕入れる手段に
代行業者ではなく、現地パートナーに
依頼する方法があります。

現地パートナーは商品を仕入れる以外にも
交渉次第で代行業者ではなかなか
対応してくれない様な内容でも
サポートをしてもらう事も可能です。

今回は現地パートナーについて
書きたいと思います。

 

中国輸入 現地パートナーの業務内容

中国輸入における現地パートナーの魅力は
融通が利く点です。

代行業者の様にやり方が定まっていて
多数の顧客とやりとりするわけではないので
基本的に交渉次第で柔軟に対応してくれます。

また中国人は日本人に比べ、
ビジネスに積極的なので
メリットを提示すれば
基本的に快く対応してくれます。

そのため、現地パートナーの業務範囲は
代行業者より広く求めることができます。

現地パートナー、代行業者に
共通して求めるのは

  • 商品購入
  • 荷受け(中国内)
  • 検品
  • 梱包
  • 国際配送(中国→日本)

この辺りは必須なところで

  • 商品撮影
  • 二次加工
  • FBA直送
  • セット化

この辺りまでなら、
代行業者の中には対応してくれるところはあります。

ですが、現地パートナーであれば、
さらにそれ以上を求めることができます。

例えば、

  • 商品リサーチ
  • OEM工場探し
  • 価格交渉

この辺りは中国輸入で重要な要素になりますが
代行業者では対応してくれるところは
なかなかありません。
現地パートナーであれば対応してくれるでしょう。

中国輸入を自動化する場合も
代行業者より構築しやすいです。

 

中国輸入 現地パートナーのデメリット

現地パートナーの利点は多いですが、
中国輸入を現地パートナーと進めて行くに
さしあたってデメリットも存在します。

現地パートナーはパートナーの能力によって
あなたの中国輸入ビジネスに大きく影響を
及ぼします。

そのため、優秀な現地パートナーを
見つけるか育てる必要が有ります。

人脈がない場合、優秀な現地パートナーを
見つけるのは容易ではありません。

とりあえず、誰でもいいというのであれば
ALA!中国トレードチャイナなどの掲示板で
パートナーを見つけること自体は難しくはありません。

しかし、優秀な現地パートナーを探すには
掲示板では当たり外れが多すぎて、
時間を浪費しがちです。

優秀な現地パートナーを探すなら
信頼できる人に紹介してもらうのが
ベストでしょう。

パートナーを育てる場合も
同様にそれなりに時間を要します。
リサーチや配送方法など
一から色々と決める必要が有りますし、
検品や梱包のクオリティにも
指示が必要になるでしょう。

商品撮影、二次加工等を依頼する場合は
現地パートナーが中国内で外注に出す
ケースが多いですがその辺りの外注先も
探してもらわなければなりません。

送料も最初は値引きが受けられないので
優秀な現地パートナーを見つける方が
賢明です。

また決済がやや手間なのもネックなのですが、
中国輸入 代行業者と現地パートナー どっちがいいの?
で少し触れていますのでそちらを参照してください。

 

中国輸入 現地パートナーとは まとめ

中国輸入では現地パートナーの存在で
能力次第で強みになり得ます。

中国輸入セラーには現地パートナーに
拘る人が多いですし、
僕も中国輸入を始めた当初、
現地パートナー探しに尽力していました。

そのために中国に行ったこともあります。

最終的には優秀な現地パートナーを
固定給で雇ってしまうのがベストですが、
物流量の少ない中国輸入初心者であれば
固定給で雇うメリットはありませんし、
パートナーにとってもうまみは少ないです。

最初は代行業者を利用しながら物流量を増やし、
セミナーなどを通して他のセラーとの交流して
優秀な現地パートナーを紹介してもらい
徐々に代行業者から現地パートナーに
移行していくのがおすすめです。

中国輸入 代行業者とは

2016.11.09

中国輸入 代行業者と現地パートナー どっちがいいの?

2016.11.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です