中国輸入ビジネスで儲かるために考えるべきたった2つのこと

 

こんばんは。海野です。
中国輸入ビジネスで儲かるための方法は
ネット上にたくさん溢れていますね。

中には素晴らしい情報もありますが
あまり使えそうのない情報も多いですね。

ネットで情報収集している人は多いと
思いますが、
情報に振り回されている人が多く、
ただただノウハウコレクターに
なっている人も多いなと感じます。

確かに細かいテクニックも大切です…
ですが、

本質的に重要な要素は2つです。

今回は中国輸入ビジネスのみならず、
どのビジネスにも応用可能な考え方を
シェアしたいと思います。

中国輸入で儲かるために必要な2つとは

中国輸入に限った話じゃないですけど、
商品やサービスを売る場合、
重要なのは

  • セッション数
  • コンバージョン率

この2つです。

セッション数

セッション数は
訪問回数やクリック回数とも
言い換えられます。

例えば、Amazon販売の場合だと
商品ページが見られた回数の事です。

コンバージョン率

コンバージョン率とは
いわゆる、成約率のことで
商品ページを見られた回数と
実際に購入に至った割合です。

Amazonのビジネスレポートでは
ユニットセッション率と記載されて
います。

中国輸入の儲けのロジカル

ざっくり言うと…、
中国輸入の売り上げは
【販売数 × 販売価格】
で成り立っています。
そして、販売数は
【セッション数×コンバージョン率】
で求めることができます。

例えば、
セッション数が100回で
コンバージョン率が10%
だとすると100×10%=10
で10コ売れたということになりますね。

これを、
セッション数を200回に伸ばせば、
200×10%=20 で
20コ売れる計算になりますし

コンバージョン率が20%に上がれば
100×20%=20 で
20コ売れる計算になりますね。

そして、
セッション数を200回
コンバージョン率を20%に上がれば
200×20%=40で
40コ売れる計算になります。

つまり、
販売数を最大限に伸ばすには
セッション数とコンバージョン率を
それぞれテコ入れしていく必要があります。

セッション数とコンバージョン率に
関わる要因は実に様々ですし、
互いに影響し合いますので、
一口には言えませんが…

セッション数で特に重要なポイントは
検索順位です。

検索順位が上がるほど
比例してセッション数も
増えていきます。

逆に検索順位が低ければ、
如何に素晴らしい商品であっても
セッション数が稼げず、
商品は全然売れていきません。

そのためセッション数を増やすには
とにもかくにも検索順位を上げる
必要があります。

しかし、検索順位を上げるには
競合にもよってはそれなりに
時間が掛かります。
そのため競合の少ない
ある程度、ニッチな商品を扱うか
コストは掛かりますが広告を打って
セッション数を稼ぐべきです。

セッション数の稼ぎ方は明確ですが
コンバージョン率で重要なのは総合力です。

商品自体の魅力も必要ですし、
他にも…

  • 価格
  • リードタイム
  • 商品画像
  • 商品説明
  • 保証
  • レビュー
  • 検索順位

などなど
コンバージョン率に影響を及ぼします。
ベネフィットを用いて訴求し、
消費者の不安を少しでもとり除くため
保証をつけて販売するのもありです。

コンバージョン率を上げるには
商品ページの作り込みは必須です。

中国輸入ビジネスで儲かるための考え方 まとめ

セッション数とコンバージョン率は
中国輸入ビジネスのみならず、
どのビジネスにおいても非常に重要です。

セッション数とコンバージョン率を
ある程度、任意で操作できる様になれば、
この先お金に困ることはそうそうないでしょう。

結局、誰も知らない商品やサービスは
売れようがないですし、

どれだけ多くの人が知っていても
誰にとっても魅力がなければ売れません。

中国輸入で儲かるにはこの2つを意識して
仕入れ・販売していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です