中国輸入は儲からない?稼げない人が改善すべき4つのポイント

こんばんは。海野です。

中国輸入などの物販ビジネスは
短期間で劇的に成果を伸ばすには
融資を受けて一気に資金を増やすほか、
劇薬のようなものはありません。

しかし、
正しいやり方で地道に続ければ
誰でも高確率で安定して稼げる
ビジネスだと思います。

ですが、

『利益が出ない』
『商品が売れない』

中国輸入は儲からないと嘆いている人は
少なくはありません。

望んだ成果が得られないのには
当然、原因があるはずなので
原因を突き止めて改善する必要があります。

今回は稼げない人が改善すべきポイントを
まとめてみましたので参考にしてもらえればと
思います。

中国輸入で稼げていない人

中国輸入でよくある改善点を紹介する前に
PDCAサイクルという言葉をご存知でしょうか?

『何それ?知らない』
という人は少々ヤバいので
この機会に覚えてください。

PDCAサイクルとは
Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)
の頭文字を並べた言葉で、

PDCA 中国

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

このプロセスを繰り返すことによって、
計画達成のための改善点を浮き彫りにし
サービスの品質の維持や向上を図ります。

管理業務を円滑に進めるために
できた考え方ですが、

この考え方はビジネスでも用いられていて
当然、中国輸入ビジネスでも用いた方が
合理的なので強くお勧めします。

 

中国輸入ビジネスで改善点

中国輸入ビジネスでは
PDCAサイクルによって浮き彫りになる
改善点は大きく分けて

  • 資金面
  • 作業効率面
  • 競合面
  • 集客面

この4点が多いです。

恐らく、中国輸入で望んだ成果が
出ていない人は
これらのいずれかに当てはまると思います。

資金面

中国輸入を含む物販ビジネスでは
資金が売り上げに直結します。

資金は多いに越したことはありませんが、
目標値に応じて資金を用意する必要があります。

中国輸入で利益率は
5%~50%ぐらいで回している人が
多いと思います。

目標が月利30万ならば、
少なくとも初期投資は100万程度は
欲しいところです。

資金に対し、目標値が高すぎたり
無駄なところにコストをかけている人は
目標値を見直すか、
融資を受けて資金を増やしたり
物流などを見直して無駄なコストを削る
必要があります。

作業効率面

サラリーマンなどが副業で
中国輸入を取り組む場合に多いのが
作業時間が足りないケースです。

中国輸入も自動化することは可能ですが…
初心者が早々にできる様なものでも
ありません。

ある程度、自分で実践して
業務フローを確立した後、
作業を外注化して行く方が
上手くいきます。

ツールなどを用いて作業効率を
測ったとしても
中国輸入をする場合、
初心者のうちは1日あたり3時間以上は
作業時間を確保できる環境が必要です。

競合面

懸命にリサーチして、
利益の出る商品を仕入れて
意気揚々と出品しても
競合が多くて売れない。
という人は非常に多いです。

仮にAmazonで相乗り出品する場合なら
単純に売れていて利益が出るのであれば
仕入れてもいいですが、
(もちろん、価格競争のリスクはあります。)

他のチャネルやAmazonの新規出品であれば
売れているからといって仕入れたとしても
競合が強かったり多ければ、
広告費をかけなければなかなか検索上位に
表示されず、売れないケースが多いです。
これはそもそも扱う商品カテゴリに
問題があります。

人気のカテゴリで自分の商品が
上位表示されれば爆発的に売れますが、
そんなに簡単ではありません。

中国輸入初心者であれば
ロングテール現象を活用すべきです。

集客面

中国輸入に限らず、
どのビジネスでも課題になるのが“集客”です。

集客面での改善点は
細かいノウハウであることも多いですが、
やはり、競合面に起因することが多いです。

集客ノウハウは販路によって多少異なりますが
重要なのはキーワード選定です。
結局、キーワード選定も競合との
兼ね合いになります。

中国輸入 稼げない人の改善点 まとめ

93754e618ed016f2178b195a644f7641_s

初心者が中国輸入で直面する問題点は
競合面であることが多いです。

中国輸入初心者に限って、
スマホケースやACアダプターなど
競合の多い商品を扱いたがります。

まぁ、メルカリなどの
集客面に優劣が出にくいフリマアプリでは
それなりに売れるかも知れませんが、

Amazon、楽天、ネットショップなどでは
競合が強く稼げないケースが多いです。

物販ビジネスでは少ない種類の商品を
多く販売するのが理想的ですが、
稼げていない人であれば、
1種類あたりの販売量は少なくとも
ニッチな商品を多品種扱ったほうが
稼げる確率は上がります。

『儲からない』と嘆いている人は
PDCAサイクルを用いて
自分の改善点を浮き彫りにし、
修正していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です