中国輸入の無在庫販売の実態!ドロップシッピングは儲かる?それとも儲からない?

こんばんは。海野です。

中国輸入などの物販ビジネスでは
無在庫販売が人気ですね。

確かに無在庫販売はリスクが激低なので
魅力的ですが…。

そんなに甘いモノでもありません。

今回は中国輸入でも無在庫販売は
儲かるのか?それとも儲からないのか?
無在庫販売の活用法を紹介したいと思います。

中国輸入 無在庫販売とは?メリット・デメリット

通常の中国輸入(有在庫販売)では
仕入れ→販売→発送→利益
こんな感じですね。

それに対して無在庫販売では
販売→仕入れ→発送→利益
こんな感じになります。

つまり、
無在庫販売は注文を受けてから
商品を仕入れるということです。
(ドロップシッピングとも言いますね。)

 

中国輸入 無在庫販売のメリット

無在庫販売のメリットは
商品が売れてから仕入れるので
在庫リスクがゼロになります。

物販ビジネスにおいて
在庫リスクがゼロといのは
圧倒的なメリットですよね。

少資金で始められて
リスクは固定費のみ
ほぼノーリスク!

無在庫販売に惹かれて
物販ビジネスを始める人も
多いかと思います。

 

中国輸入 無在庫販売のデメリット

無在庫販売によって
圧倒的にリスクは低くなりますが
反面、デメリットも強いです。

  • 作業量が多い
  • トラブルが多い
  • 売れにくい

大きく分けてこの3つです。

中国輸入で無在庫販売を考えている人は
必ず、デメリットも理解する必要があります。

 

売れにくい

初心者の方の中には無在庫販売でも
サクッと商品が売れると
思っている人がいますが、
残念ながらそんなことはありません。

無在庫販売は
売れてから仕入れるという特性上、
リードタイム(発送までの日数)は
長くなります。

発送まで2週間と設定していれば
やはり、なかなか売れませんし、
仕入れの際に少量で輸入することになるので
1商品あたりに掛かる国際送料は高くつきます。

その分、商品価格に上乗せする必要があるので
商品価格は高くなります。

価格が上がれば
更に売れにくくなります。

 

作業量が多い

無在庫販売は1商品あたりの
売れる確率が低いので
出品数を増やす必要があります。

商品ページの完成度にもよるでしょうが
月に2、30万円稼ぐつもりなら
数千点〜数万点は出品するべきかなと思います。

 

トラブルが多い

無在庫販売は
まあー、トラブルが多いです。

一番多いのが、
売れたにも関わらず在庫がないケースですね。
やむ得ず、キャンセルすることになるのですが
当然アカウントは傷つき信用度は下がります。

また、赤字を防ぐには
まめに仕入れ値と売値をチェックする
必要があるのですが、
出品数が多ければいちいち対応できませんし、

僕の知る限り、タオバオアリババの売値を
取得しAmazonなどで価格改定してくれる
ツールはありません。

中国側で価格が上がれば赤字になるケースもあります。

あと、注文から商品到着まで
1、2週間も掛かれば顧客の不安は募り
ネガティブ評価やクレームに
繋がることも少なくはありません。

 

中国輸入 無在庫販売するには?

無在庫販売は1商品からでも
中国から日本へ円滑に発送できる
体制があれば可能です。

1商品から発送してくれる
代行業者に依頼しても良いでしょうが、
無在庫販売の場合は
細かい要望にも柔軟に対応してくれる
現地パートナーを用意した方が無難です。

あと、タオバオアリババの在庫の
チェックが面倒くさいので
その辺りのツールがもしあれば
必ず、使った方がいいですね。

まぁ、あればですが…(笑)

 

中国輸入 無在庫販売は儲かるのか?まとめ

6d5f6156f551071a87741ee3da705c2f_s

中国輸入の無在庫販売は
僕的にはあまりオススメはしません。

昔、少ししてみましたが、
作業量やリスクに対して
儲けが小さかったので辞めました。

 

まだ扱う商品カテゴリが
定まっていないのであれば、

無在庫で大量に出品し、
どの商品カテゴリが儲かるのかデータを取得して
カテゴリを絞っていくのはありかなとも思いますが、

扱う商品カテゴリが固まっているのであれば
無在庫販売でデータを取るより
実際に少量仕入れて販売したほうが
圧倒的に早く、良質なデータが取りやすいです。

まあ、どちらにせよ、
売れる商品は有在庫販売に切り替えた方が
利益率も回転率も上がるので
有在庫販売も並行して実践することをおすすめします。

あと、

出品する販路には十分気をつけてください。
勘違いしている人も多いですが
本来、Amazonなどは無在庫販売は
固く禁止しています。
つまり、サスペンドのリスクは十分にあります。

バイマならOKでしょうが
僕はバイマは使ったことはないので
よく知りません(笑)

無在庫販売で本気で稼ぐなら
規定にとらわれない“ネットショップ”がベストです。

ネットショップ自体に集客が出来ていれば
無在庫でも売れるでしょう。

ですが、

ネットショップへの集客は
それなりに時間は掛かりますし、
楽ではありません。

何にせよ初心者の方は中国輸入では
無在庫販売は辞めておいた方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です