【中国輸入ビジネス】現地仕入れってどうなの?

こんばんは。海野です。

中国輸入ビジネスに取り組む人の大半が
タオバオアリババなどの中国サイトから
商品を仕入れることが多いと思います。

特に副業の人はほとんど中国サイトから
仕入れているのではないでしょうか?

しかし、同一の商品が
特定のECサイトで乱立すれば
価格競争は免れません。

かといって、
OEM生産に着手するにはまだ自信がない。

そんな人にオススメなのが現地仕入れです。

今回は現地仕入れについて書きたいと思います。

中国輸入 現地仕入れのメリット・デメリット

 

現地仕入れとは中国の卸市場などから
商品を仕入れる方法です。

僕は現地仕入れには広州しか
行ったことはありませんが、

中国には多数の巨大な卸市場が存在します。
広州以外にも義烏や深センなどが有名どころですね。

現地仕入れのメリット

現地仕入れのメリットは
商品を実際に見て仕入れるので
中国サイトから仕入れ時によくある
『思っていた感じと違うな』
ということがない点と
中国サイトにない商品を
少ロットから仕入れ可能な点です。

特に後者のメリットは大きいです。

タオバオアリババなどの
中国サイトからの仕入れた商品であれば
他のセラーも簡単に仕入れできるので
多かれ少なかれ価格競争のリスクはあります。

現地仕入れでは中国サイトに
出回っていない商品もたくさんあるので
そういった商品を扱えば、
100%とは言いませんが
そうそう商品が被ることはありませんし、

OEMとは違い少ロットで仕入れることが
可能なところがほとんどなので
中国輸入初心者でも仕入れやすいです。

また、現地仕入れは何度も中国に
行く必要があると思っている人も
いますが、

そんなこともなく
代行業者や現地パートナーに依頼して
リピートして仕入れることも可能ですし、

新商品がでたらサンプルを送ってもらえば
あまり現地に赴かなくとも
商品ラインナップは停滞しません。

現地仕入れのデメリット

現地仕入れのデメリットは
現地に行く費用と時間ですね。

現地に行く暇がないといってしまえば
それまでですが、
費用はケチれば6、7万で
アテンド付きで2泊3日ぐらい
できます。

中国輸入 現地仕入れをするには

現地仕入れする場合、
代行業者もしくは現地パートナー
アテンドしてもらう必要があります。

僕の場合、現地仕入の流れは
卸市場に訪れて気になる商品があれば、
価格とロット数を確認して
条件が折り合えばデポジットを支払い、
後日、代行業者や現地パートナーに
差額分の支払いと商品を受け取りに
行ってもらって
商品を日本に送ってもらいます。

ショップと直接やりとりすることも
できなくはないと思いますが
ショップによっては断られる
ケースの方が多いでしょう。

現地仕入れをするなら
融通の利く代行業者現地パートナー
見つけておきましょう。

中国輸入 現地仕入れ まとめ

c8cae96b14cf8d559965a890b8b90c23_s

中国の卸市場は商品価格がすごく安い
というイメージが強いみたいですね。

まあ、ショップやロット数にもよりますし、
価格は交渉次第で多少変わりますが、
全体的にアリババの方が安いかなと思います。

しかし、現地仕入れの強みは
中国サイトにない商品を
少ロットから仕入れ可能な点です。

多少の価格差は問題ではありません。

中国サイトからの仕入れのように
誰でも仕入れられる商品であれば
多かれ少なかれ、価格競争のリスクは孕んでいます。

確かにアリババタオバオから仕入れて
売り方や見せ方で差別化することも可能ですが、
仕入れの時点で差別化してしまう方が
手っ取り早く確実です。

『わざわざ中国に仕入れに行くのはチョット』
と考える人は多いですが、
その程度で差別化できるのであれば安いものです。

興味のある人は現地仕入れを
検討してみてもおもしろいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です