中国輸入×Amazon販売にリサーチツールはいらない?

こんばんは。海野です。

中国輸入ビジネスの情報発信をしていると
よくツールについての問い合わせを頂きます。

特に中国輸入×Amazon販売の
リサーチツールの関心は高いみたいです。

今は色々なツールが出回っていて
中国輸入 ツール”と調べると
たくさん出てきますね。

どこのツールも魅力的な販売ページで
目移りしている人は多いのではないですか?

今回は中国輸入×Amazonの
ツールついて書きたいと思います。

中国輸入×Amazon販売にリサーチツールは必要か?

中国輸入初心者の方の中には
リサーチツールを躍起になって
探している人は少なくないですが、

このリサーチツールを使えば、
簡単に儲かる商品がザクザク見つかる
というツールは聞いたことありません。

万が一、そんなツールがあれば
世に出回ったりはしないでしょう…(笑)

中国輸入×Amazon販売の場合、
中国サイトとAmazonで
共通する部分は商品画像ぐらいです。

そのため、
中国輸入×Amazon販売のリサーチツールは
Amazonの商品画像を中国サイトで
同一もしくは近い商品画像を抽出して
価格比較するか、

逆に中国サイトの商品画像から
Amazonの商品画像を抽出して
価格比較するかの
2パターンしかありません。

まあ、後者は効率が悪いので
ほとんどのリサーチツールは前者だと思います。

画像検索の精度にもよりますが
価格差のある商品を見つけることは
可能だとは思います…。

しかし、不特定多数の人が
同じツールを使えば、
ツールのユーザー同士の商品が
バッティングするのは明らかです。

“価格差はあっても売れない”
“売れているけど薄利”
もしくは一時的に利益は出ても
すぐに価格競争になる。
そんな商品ばかりになるでしょう。

この手のツールは仕入れ元を調べるのに
参考にはなりますが、
あまり必要性を感じません。

稼いでいる人は
自分の商品が画像検索されている
可能性を十分に理解しています。

画像検索系のリサーチツールに
依存していてもまず稼げません。

中国輸入×Amazon(アマゾン) リサーチ方法【決定版】

2016.09.17

中国輸入リサーチ方法 画像検索編

2016.09.08

中国輸入初心者がAmazon販売に必要なツールとは

今のAmazon販売の主流は新規出品です。

中国輸入初心者は簡単な相乗りから
始めようとする人が多いですが、
相乗り販売は飽和しつつあります。

中国輸入で長く稼いでいくには
単一商品の価格差は
さほど重要ではありません。

カテゴリ単位で利益を出し、
ブランディングできるのかが
ポイントになります。

僕は人に中国輸入を教える場合、
まず、Amazonで特定のキーワードから
競合する商品ページの数と強弱、販売数から
参入しやすい商品カテゴリを見つけるところから始めます。

競合する商品ページの強弱は
感覚的な要素が強いので
ツールにするのは難しいと思いますが

Amazonの販売数は知るツールはあります。

モノレートなどである程度、
販売数を推し量ることは可能ですが、
あくまでランキングの推移を追ったものです。

出来るだけ正確な情報が欲しいので
在庫追跡系のツールが欲しいところです。

ただ、在庫追跡系のツールは
正確な販売数を把握することは可能な反面、
情報を収集するのに時間が掛かるのがネックです。

1ヶ月の販売数を調べるのに
1ヶ月間の在庫の推移を蓄積する
必要があるので1ヶ月かかります。

商品によってはデータを取得している間に
旬が過ぎる可能性がありますので

Googleトレンドで旬を調べ、
モノレートと在庫追跡系のツール
使い分けるのがベストです。

中国輸入リサーチ方法 シーズン商材で儲けるには?

2016.10.01

Amazon(アマゾン)で販売数を把握する 3つのポイント

2016.09.09

中国輸入ビジネスとツール まとめ

正直なところ、
中国輸入×Amazon販売にツールは
あまり必要はないかなと思います。

リサーチは在庫追跡ツールが
あるに越したことはないですが
ランキングの推移のみでも
いけなくはないです。

価格改定ツールもAmazonのものを
無料で使えますし、そもそも新規出品に
あまり価格改定ツールは必要ありません。

ただ、Amazon販売では商品レビュー
重要になるのですが、
いちいち購入者にメッセージを送るのは手間になるので
顧客フォロー系のツールはあった方が良いですね。

まあ、必要となるツールは
人によって異なるとは思いますが
万能なツールなんて存在しないので
ツールに過度な期待をするのはやめましょう。

Amazon販売に欠かせない商品レビューの重要性と集めた方

2016.12.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です