中国輸入ビジネスはコンサルを受けるべきか?

こんばんは。海野です。

中国輸入ビジネスに取り組んでいる方の中には
なかなか結果が出せず、
コンサルを受けるか悩む人も多いと思います。

そこで気になるのが
『コンサルを受けて稼げるようになるのか?』
という点ですね。

コンサルを受けたからと言って
誰しもが必ず儲かるわけではないですし、
コンサルを受けずとも成果を出している人は
たくさんいます。

今回は中国輸入ビジネスに
本当にコンサルは必要なのか?
この辺りついて書きたいと思います。

そもそも中国輸入ビジネスのコンサルってどんなの?

一般的にコンサルタントとは
クライアントの経営上の課題を明らかにし、
解決策を提供または助言してくれます。

まぁ、要するにクライアントを
儲けられるようにしてくれるのが
コンサルティングってものですね。

中国輸入のコンサルティングは
募集しているところはたくさんありますが
中国輸入のロジカルは

  • 仕入れ
  • 物流
  • 販売

この3つの要素で成り立っています。

コンサルタントによって
力を入れているところや内容は
大きく異なりますが、
中国輸入のコンサルティングの
多くはこれらのテコ入れです。

リサーチ方法や差別化方法、
工場やビジネスパートナーの紹介、
商品ページの構成や集客方法など
コンサルタントによって様々です。

またビジネスに対する思考や意識と言った
マインドセットの部分も着手してくれる
コンサルタントもいます。

この辺りはコンサルティングというより
コーチングに近いかもしれませんが、
非常に重要です。

コンサルはどのタイミングで受けるべきか?

中国輸入初心者はコンサルを受けるなら
ある程度、実績を積んでからと
思う人は少なくないみたいです。

まあ、初めは独学で進めて行き詰ったら
コンサルを受けようと思うのが
普通の流れかもしれません。

ですが、
仮に僕がこれから新しいビジネスを始めるなら
かなり早い段階でコンサルを受けると思います。

これは単純に早い段階で人に教わった方が
早く成果が出るので効率がいいからです。

初心者だからと言って気後れする必要はないです。

中国輸入ビジネスのコンサルは誰から受けるべきか?

コンサルを誰から受けるかで
当然、結果は大きく変わってくるので
非常に重要なポイントですね。

コンサルの価格で講師を
決めてしまう人もいますが、
それはやめた方がいいです。

物販で十分に稼いでいる人が10万、20万で
2、3カ月間のコンサルを受けたりはしません。

コンサルを選ぶポイントは
・何を提供してくれるか?
・コンサルタントの考え方
この2点です。

何を提供してくれるか?

優秀なコンサルタントは
ノウハウ以外も色々と提供してくれます。

例えば、人材であったり
生産工場や物流であったり

本当に稼いでいる人は
重要なポイントを分かっています。
そのビジネスに必要なものを
提供してくれます。

コンサルタントの考え方

コンサルタントの実績を
重要視する人は多いですが、

実績がどこまで信用できるのか…
正直、疑わしいものもありますし、

稼いでいるからと言って
必ずしもいいコンサルタント
という訳でもありません。

見るべきは考え方です。
考え方というのはなかなか偽れません。

その人の考え方に感銘を受けたのであれば、
セミナーに参加するなり問い合わせてみるなり
コンタクトを取って自分のコンサルタントに
相応しいかどうか確認してみましょう。

中国輸入ビジネスはコンサルを受けるべきか?

コンサル生を募集しているところの中には
集客がうまいだけで中身のないものを
提供しているところもあります。

まあ、見抜けなかった
自分が悪かったとも言えますが…

しかし、いくら優秀な人に教わっても
実践するのはあなた自身です。

どんな素晴らしいノウハウや
人材、物流を紹介してもらったとしても
生かすも殺すもあなた次第です。

コンサル料の相場は30万~100万
まともなところであればこれくらいは
するでしょう。

内容にもよりますが、
決して安い金額ではないですね。

それなりに資金力があって、
行動力も伴っている人であれば、
いい講師に巡り合えれば、
成果が出るまでの時間が大幅に
短縮されるでしょう。

そう言った方はコンサルを受けるのは
有りだと思います。

しかし、やる気はあっても
コンサル費を差し引くと50万も
残らないのであれば、
投資できる額が小さいのでコンサルは受けずに
このブログやメルマガで勉強してもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です