中国輸入ビジネスを外注化して自動化するには?

こんばんは。海野です。

サラリーマンが副業でビジネスを始める場合、
ネックになるのが作業量ですよね。

中国輸入ビジネスなど物販ビジネスでは
売り上げが増えるに比例して、
作業量も増えていきます。

いくら作業効率を上げたとしても、
1人でできる作業量には限りがあります。
副業であれば尚更ですね。

一定以上、稼ぐにはどこかで
外注化し自動化する必要があります。
今回は中国輸入ビジネスを外注化して
自動化する方法をシェアしたいと思います。

 中国輸入ビジネスを自動化するポイント

中国輸入ビジネスを自動化する方法は
いくらでもありますが、

中国輸入初心者であれば、
選択肢はあまり多くはないかなと思います。

中国輸入の業務フローはざっくり言うと、

大体こんな感じですね。

中国輸入初心者であれば、
AmazonのFBAを利用したほうが
自動化は構築しやすいです。

AmazonのFBAを利用すると

  • 受注
  • 梱包・発送
  • 顧客対応(返品・返金)

が自動化されます。

ただし、出品後に荷受けした商品を
FBA倉庫に転送する必要があります。

商品数が多ければそれなりに手間になります。

そのため、FBAでの販売がメインの人は
FBAに直納することをおすすめします。

直納とは中国からFBA倉庫に直接、
商品を納品することです。
Amazonをインポーターにしなければ可能です。

FBA直納する場合の業務フローは

この様に業務フローは短縮されます。
これで商品が手元に届くことはなくなり、
作業量は大幅に減ります。

次に代行業者(または現地パートナー)選びですが、
仕入れ、検品、発送などの一般的な代行業務に加え
FBA直納が可能なところを選ぶ必要があります。

商品撮影は日本でもできますが、
FBA直納するなら中国内で
済ましたほうがスムーズなので
商品撮影にも対応してくれる
代行業者現地パートナーを選ぶべきです。

まあ、今は代行業者も多様化しているので
条件にあった代行業者はすぐに見つかるでしょう。

FBA直納と商品撮影が可能な
代行業者現地パートナーを活用すると

この様になります。

これで残りは

  • 【リサーチ】
  • 【発注】
  • 【商品ページ作成】
  • 【在庫管理】

の4つです。

リサーチと商品ページ作成は
特に重要で外注しにくい部分です。

リサーチについては中国人でも日本人でも
どちらに依頼してもいいですが、

基本的に中国人パートナーの方が
安く請け負ってくれます。

仕入れに代行業者を使っているのであれば
リサーチは日本人パートナーで
仕入れに現地パートナーを使っているのであれば
リサーチも現地パートナーでいいと思います。

商品ページの作成は
日本人パートナーであってもなかなか
教え込むのは難しいところです。

やはり中国人パートナーでは
自然な説明文はなかなか作れないので
素直に日本人パートナーに依頼し、
時間をかけて育てるべきです。

発注と在庫管理は規定の在庫数まで減ったら
発注してもらうようにしておけば
いいだけなので外注しやすいです。

残りの4つを業務フローに組み込むと

こんな感じになります。

ここまできたら半オートで
中国輸入ビジネスは回ります。

まぁ、リサーチと商品ページ作成は
マニュアルを作りこんでから外注化しましょう。

 

中国輸入ビジネス自動化方法 まとめ

どんなビジネスでも、
大きく成長させていくには
作業を自分の手から離す必要があります。

なかには
『副業だし、自分でできる範囲は自分でするよ』
という人もいますが、

あなたがビジネスを始めた理由は
何でしょうか?

『生活水準を上げたい』
『家族との時間が欲しい』
『好きなところで好きに過ごしたい』

そんな思いがあったのではないでしょうか?

いくら儲かっても、
作業に追われていては豊かな人生とは
僕は思いません。

もちろん、稼ぐこと働くことが
生き甲斐という人も多いと思います。

ですが、
作業を自分で抱え込んでいては
ビジネスに天井を作ってしまいます。

副業であれ専業であれ、
任せられるところは人に任せ、
クリエィティブなことをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です