中国輸入初心者は売れ筋を扱うな!売れる商品と儲かる商品は違う!

こんばんは。海野です。

中国輸入は売れ筋商品といえば、
コスプレやカメラやスマホ関連の製品、
サバゲー用品なんかも定番ですね。

売れ筋(回転率高い商品)で大きく利益が取れれば
中国輸入はイージーモードになりますね。

しかし、

中国輸入初心者が売れ筋商品を
扱うことはあまりおすすめしません。

売れる商品と儲かる商品は違います。

売れ筋商品ばかり仕入れて
利益が出ない人は必見です。

中国輸入初心者は売れ筋商品を扱ってはいけない理由

売れ筋商品を扱ってはいけない理由は

ずばり、競合の存在です。

 

Amazonの検索エンジン“A9”とは? アマゾン内SEO対策の重要性
でも書いたように

ネット販売する上で重要となるのが検索順位です。

 

検索順位が高ければセッション数は伸び、
比例して売り上げも伸びます。

検索順位が低ければセッション数は伸びず、
比例して売り上げも伸びません。

 

 

いくら需要のある売れ筋の商品であっても
同一の商品(もしくは類似商品) が
同じプラットフォームに乱立していれば、

あなたの商品の検索順位は上がらず
売り上げは伸びません。

 

仮に広告を打つにしても競合が多ければ
それなりの広告費を支払わなくてはなりません。

 

そうなると価格競争の始まりです。

 

やはり価格を基準に商品を選択する消費者は
少なくないですからね…

確かに売れ筋商品の価格を
他セラーより安く設定すれば
労せず販売数を稼ぐことが出来ます。

…が、

価格を落して利益を得るには
商品の仕入れ値、国際送料、国内送料、保管費用など
あらゆるコストを抑える必要があります。

工夫して多少は抑えることは出来ますが、
大きくコストを抑えるには
基本的に物流量を増やすしかありません。

資金力があればいいですが、
資金のない中国輸入初心者が
売れ筋を扱っても薄利になりがちです。

まぁ、薄利ならまだましですが
赤字で在庫処分している人も少なくないでしょう。

これでは売れる商品と言えても、
儲かる商品とは言えませんね。

 

 

中国輸入初心者は売れ筋よりも“ニッチな商品”

ネットには様々なニーズを持った消費者が
無数にいます。

実店舗ではなかなか売れないニッチな商品でも、
ネットでは売れることはよくあります。

 

あなたも実店舗で見つけられなかった商品を
ネットで購入した経験はないでしょうか?

 

ネット販売では
売れ筋の商品群よりもニッチな商品群の方が
トータルの売上が上回っていると言われおり、

この現象をロングテール現象と言います。

もちろん、最低限の需要は必要ですが
中国輸入初心者であれば、
ロングテール現象を利用しない手はないです。

競合の多い売れ筋商品を扱うよりも
単独では大した販売数ではない
競合の少ない“ニッチな商品”を
多種類を少量ずつ扱う方が遥かに稼ぎやすいです。

 

中国輸入初心者は売れ筋を扱うな まとめ

売れ筋商品を扱い、
少ない種類でも利益を確保しつつ
大量に販売するのが最も楽で理想的ですが、

競合セラーがなかなか
それを許してくれません。

売れ筋商品で大きく利益を残すには
製品の差別化と市場の細分化
そしてブランディングしていく必要があります。

しかし、簡単ではありませんし、
ブランディングには時間が掛かります。

 

競合の少ないニッチな商品なら
1種類あたりの販売量は少ないですが
検索順位は上げやすく、
価格競争になりにくく高利益を保てます。

まずは売れ筋商品ばかり仕入れて利益が出ない人は
多種類のニッチな商品を少量ずつ扱ってみてください。

勝てる市場で勝負することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です