Amazon販売の相乗り防止方法!商標権を用いたベストな対策とは?

こんばんは。海野です。

アリババやタオバオから商品を仕入れている
中国輸入プレイヤーは非常に多いと思います。

しかし、アリババやタオバオから仕入れて
Amazonで新規出品する場合、

不安なのが…

他セラーに相乗り”されることですね。

 

Amazonでせっかく頑張って
売れる商品ページを作っても
1人でも相乗りを許せば、

売り上げは半分です。

2人、3人と増えていけば
もう目も当てられません。

Amazonは独占しながら販売してなんぼです。

Amazonで新規出品するなら
他セラーの相乗り出品を防止する
必要があります。

今回はAmazonで相乗りを防止する方法を
シェアしたいと思います。

 

Amazon相乗りを防止方法

Amazonで相乗りを防止する手段は
いくつかありますが、

最もメジャーなのが…

ブランド名を商標登録して
相乗り出品者に対して
商標侵害を訴える方法です。

しかし、

商標登録しただけでは不十分です。

相乗りを防止するには
Amazonのルールに従わなければなりません。

以下がAmazonの規定です。

 

ノーブランド品に対し、不適切に商標を付して商品画像に掲載する行為、及び、ブランドとの不適切な関連付けの言葉を商品ページに含める行為 出品者が保有している商標を、恒久的でない方法(例:シール、ラベル、タグ等を貼付する等)でノーブランド品に付して商品画像を掲載することは原則禁止されております。また、ノーブランド品(シールの貼付等恒久的でない方法で商標が付されたものも含む。)の商品ページにおいて、出品者が保有している商標に言及すること(商品タイトルに商標を付すことを含む。)は禁止されております。Amazon.co.jpは、本規約に抵触する商品、商品ページ、又は商品画像を削除又は修正する権利を留保します。
Amazonマーケットプレイス出品規約引用

 

小難しい書き方ですが、
ポイントは…

商標を取得したマーク・ロゴを
シール、ラベル、タグ等で貼付しても
ブランドとして認めないよー。

相乗りされても文句は言えないよ。

ってことです。

 

ということは逆に

恒久的な方法でマーク・ロゴを
印字してしまえば、

出品者が保有している商標に
言及することができ、
相乗りを排除・防止することができる

ということになります。

 

従って、

  • 商標権を取得
  • 商品本体に商標(ロゴ)を印字
  • 商品画像にロゴ部分を掲載

で相乗り防止できます。

 

ロゴの印字にコストはかかりますが、

もし、相乗りされても、
Amazonカスタマーサポートに
商標権侵害の申し立てをすれば、
相乗り出品を排除してくれるので
背に腹はかえられませんね。

それに、そもそも相乗りされること自体が
無くなるでしょうしね。

ただ、商品によってはなかなか
ロゴの印字が出来ないケースも
あると思いますので

そういう場合はパッケージを作成して
ロゴを印字するのも有効的です。

 

Amazon相乗りを防止 まとめ

以上の対策でAmazon販売での相乗りは
防止できます。

ですが…

結局のところ同じ商品が
Amazon内で乱立してしまえば、
少なからず売り上げに響きます。

完全に独占して販売するには
アリババやタオバオなど
誰でも仕入れられるところから
商品を仕入れている限り
なかなか難しいです。

とはいえ、最初からOEM生産に
取り組むのはそれなりにリスキーですので
あまりおすすめはしません。

最初はアリババやタオバオで仕入れて
相乗りを防止しながら出品し、

稼げるポイントが掴めたら

OEMでオリジナル商品を作り、
ブランディングしていく、

これが王道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です