なぜサラリーマンは副業すべきなのか?会社員こそサイドビジネスすべき3つの理由

こんばんは。海野です。

上がらない給料、
増えない預金残高、

安いアパートに住み、車は中古車。
たまの外食はファストフード。

節約すれば、
無理なく生活を送れるレベルけれど、
なかなか贅沢はできない。

募る将来への不安。

しかし、

『まあ、何とかなるか』
と目を背けていませんか?

今回はサラリーマンこそ副業すべき理由を書きます。

 

サラリーマンが副業すべき3つの理由

多くのサラリーマンが
家族のため、生活のため、
生きるために働いています。

もちろん、その仕事がしたくて
やりがいを持って働いている人たちも
いると思います。

今の仕事に満足し、
責任と誇りを持って働いていることは
素晴らしいことです。

ですが、
現状に不満があっても
現状に満足していようとも
関係ありません。

副業すべきです。

副業すべき大きな理由は

・終身雇用制度の崩壊
・下がり続ける平均給与
・社会保障制度の破綻

この3つです。

 

終身雇用制度の崩壊

終身雇用制度とは
社員を定年まで雇い続ける制度です。

制度と言っても法的な拘束力はなく、
あくまで終身雇用は
企業と社員との暗黙の了解ですが、

日本では長期雇用というのが
慣行化していました。

しかし、

終身雇用制度は
既に破綻しているといっても
過言ではありません。

定年まで働かせてもらえると
安心できる時代ではありません。

会社に忠誠を誓い
献身的に働き続けても…、

「明日からこなくていい」
「君はクビだ」
「今日付けで解雇します」

ある日突然、
会社をクビになってしまう可能性は
十分にあります。

会社に従事している限り、
決して、他人ごとではありません。

中には理不尽な理由で
解雇される人もいると思いますが、

会社が不要だと判断すればクビを切ります。

会社を追い出され職を失えば…

収入は一気になくなります。

雀の涙ほどの失業保険を受けながら、
次の就職先を探すも、
前の会社と同等以上の条件は望むべくもなく、

妥協して入社した会社では
以前より遥かに見劣りする
給料・労働環境、
年下の上司に頭を下げ、
慣れない仕事にストレスは溜まるでしょう。

とはいえ、
仕事が見つかればまだいい方で
40過ぎてリストラにあえば、
なかなか次の働き口が見つからない
ケースも少なくはないです。

会社に依存することのリスクは高いです。

このリスクを解消するには
副業で新たなキャッシュフローを
事前に作っておくべきです。

 

下がり続ける平均給与

ご存じの通り、
日本の平均年収は年々、
下がり続けています。

終身雇用制度が
崩壊していることからも
分かるように、
それだけ日本の企業は
体力がありません。

当然、なかなか昇給も望めないのが現実です。

20代後半の平気年収は
350万円程度らしいです。

税金や社会保険料が引かれれば、
手取りで月20万円弱といったところです。

独身の一人暮らしであれば、

家賃に6万/月
光熱費に1万/月
通信費に1万/月
食費に3万/月
日用品に1万/月

多少、節約しても
生活費に月12、3万は
掛かってくると思います。

他にも

服を買ったり、
飲みに行ったり、
週末に彼女とデートしたり、

出費の場面は無数にあります。

月20万円程度であれば
あっという間になくなってしまいますね。

生活はできますが、
贅沢はできません。

衣類は何年も使いまわし、
同僚からの飲みの誘いは断り、
デートは近場で済ますことも
あると思います。

我慢しなければ、
預金は増えていかない、

金銭的に結婚できない人も
多いと思います。

僕は無駄遣いや贅沢をする方では
ありませんが、

したいことや欲しいものを
我慢するつもりはありません。

生活の底上げをするには
副業するべきです。

 

社会保障制度の破綻

日本は深刻な少子高齢化問題で
社会保障制度崩壊しつつあります。

社会保険料は引き上げられ、
ますます手取り額は減っていきます。

医療・介護の自己負担は増え続け、
年金にも期待できず、
消費税増税も避けられません。

上らない収入に加え、
支出は増え続けています。

たとえ定年まで懸命に働き続け
それなりに預金していても
老後は預金を切り崩していくことを
余儀なくされるでしょう。

子どもや孫に残せるものが
僅かでもあればまだいいですが、

子供や孫に支援してもらい、
依存してしまうのは
心苦しいと思います。

安定した将来を得るためには
定年退職した後も稼ぎ続けてくれる
仕組みが必要です。

現役で働いているうちに
副業で仕組みを作っておくべきです。

 

サラリーマンは副業すべき理由 まとめ

リストラされるリスクは高まり
収入は減り、支出は増える。
老後の生活も不透明。

サラリーマンの
不安のタネは尽きません。

国に会社に依存できる時代は
終わりつつあるのかもしれません。

僕は本業の傍ら、
物販ビジネスを始めました。

最初はせどりからでしたが、

今では働かなくとも
ストレスフリーな生活を
送れるぐらいの収入はあります。

金銭的な将来の不安はありません。

必ず、独立する必要はないですが

『安定した生活』
『不安のない将来』

家族や生活を守り、生きていくには
本業と別に収入の仕組みが必要です。

サラリーマンこそ副業すべきです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です