モール型ECサイトとは?ネットショップに出店する前に知っておきたいショッピングモールサイトの種類と特徴!

こんばんは。海野です。

ネットで商品を販売する場合、

『どこで販売するか?』

色々と選択肢があります。

Amazonや楽天といった
モール型のECサイトも
人気の販路のひとつですね。

どこで販売するかによって
とるべき戦略は大きく変わってきます。

ショッピングモールサイトに出店する前に
モール型のECサイトについて
ある程度、知っておくべきです。

今回はモール型ECサイトの
形態とメリット・デメリットについて
書いていきたいと思います。

 

モール型ECサイトとは?2種類の販売形態

モール型ECサイトとは

Amazonや楽天、
ヤフーショッピングといった

複数店舗を統一して運営している
インターネット通販サイトのことをいいます。

出店こそまだかもしれませんが
買い物はされたことあると思うので
よく分かっていると思いますが、

WEB上のショッピングモールやデパートみたいなものですね。

ショッピングモールやデパートが
ひとつの建物に複数の店舗が入っているように
モール型ECサイトひとつのWEBサイトに
複数の店舗が出店しています。

通常、運営元にロイヤリティーを支払うことで
モール型ECサイト(例えば楽天やAmazon)に
出店することができるわけですね。

ただ、
ショッピングモールとデパートが違うように
モール型ECサイトにも種類があり、
販売形態に違いがあります。

モール型ECサイトは大きく分けて

  • テナント型
  • マーケットプレイス型

の2種類に分けられます。

 

テナント型とは

テナント型は
楽天やヤフーショッピングのような
ショッピングモールです。

各企業がモールにショップを出店し、
ショップを運用・管理します。

購入者はモール内のショップに訪れて
商品を購入するので

ショップ自体を育てる必要があります。

 

マーケットプレイス型とは

マーケットプレイス型は
Amazonのような
ショッピングモールで、

各企業がモールに商品を出品します。

モール内にショップを持たず、
商品データのみモールサイトに集約されるため、

扱う商品に統一感がなくとも
購入者は違和感を感じないので
ざっくばらんな商品を扱っているセラーでも
出店しやすいです。

商品ページを育てることが重要です。

 

モール型ECサイト出店のメリット・デメリット

モール型ECサイトに出店する前に
ショッピングモールサイトの
メリット・デメリットを確認しておきましょう。

 

モール型ECサイト出店のメリット

モール型ECサイト出店のメリットは

  • モールが集客してくれる
  • 購入者にとって信用度が高い
  • 出店・出品が簡単

主にこの3つです。

 

モールが集客してくれる

モール型ECサイト出店の最大のメリットは
モールの集客力を利用できる点です。

カート型(独自)ネットショップを出店したことが
ある人は分かると思いますが、

ネットショップに集客する場合、
SEO対策をして、広告費も掛け、
集客しなくてはなりません。

当然、時間も掛かります。

大手のショッピングモールサイトであれば、
既に多くのユーザーを確保していますし、
莫大な予算をかけてモールの宣伝も行っています。

当然、SEOにも強く、
集客の導線ができています。

 

購入者にとって信用度が高い

独自のネットショップであれば、
作りが甘いとどうしても胡散臭いサイトに
なってしまいます。

そうなれば、誰も買いませんね。

購入にはつながりにくく
成約率は低くなります。

一方、モール型ECサイトは
知名度の高いショッピングモールサイトであれば、
そのネームバリューだけで
購入者は安心して商品を購入できるので
購入に結びつきやすいです。

独自のネットショップと
モール型ECサイト

 

出店・出品が簡単

一から独自のネットショップを
出店し運用するには
HTMLやCSSなど
ある程度の専門知識が求められますが…

モール型ECサイトは専門知識がなくとも
CMSがあらかじめ用意されているので
マニュアルに沿って作成をすれば、
容易に出店・出品することが出来ます。

 

モール型ECサイト出店のデメリット

モール型ECサイト出店のデメリットは

  • 手数料が高い
  • 独自性が出しにくい
  • 価格競争が起こりやすい
  • 運営側のルールに従わなくてはならない

こんなところです。

 

手数料が高い

モール型ECサイトによりますが

基本的には
初期費用、月額固定費、決済手数料、
売上に対してロイヤリティが発生します。

独自ネットショップであれば
ドメイン・独自SSLサーバーを取得し
レンタルサーバー・ショッピングカートを借りて

それらを維持していくのに
月々5、6000円程度です。

あとは決済手数料に売上の3%ぐらいを
支払うぐらいです。

手数料・ランニングコストの面では
モール型ECサイトの方が高くつきます。

 

独自性が出しにくい

基本的にモール型ECサイトは
全てのショップが同じシステムを使い、
出店・出品するので

ショップに独自性が出せません。

とくにAmazonのような
マーケットプレイス型の
ショッピングモールであれば尚更です。

仮にテナント型であっても
デザイン面は運営側が提供する
レイアウトを使用するので
どの店舗も似たり寄ったりなってしまいます。

購入者はAmazonや楽天のどのショップで
商品を購入したという感覚はなく、

Amazonや楽天で買い物した
としか感じません。

そのため、

ショップにブランド力がつきにくく
リピーターを増やしにくいです。

 

価格競争が起こりやすい

モール型ECサイトでは
どうしてもモール内で価格競争が起きます。

Amazonで買い物する人は
Amazon内で商品を比較しますし、

楽天で買い物する人は
楽天内で商品を比較します。

 

同一の商品がモール内に
複数出品されていれば、

購入者は基本的に安いところから
商品を買います。

仮に同一の商品でなくとも
近い商品があれば、

モール内の価格競争は免れません。

 

運営側のルールに従わなくてはならない

モール型ECサイトに
出店・出品している以上、

運営側のルールに従わなくてはなりません。

仮にサイトに不具合があっても、
いきなり販売手数料を上げられても、
販売できないようになっても、

運営側に文句を言ったところで
どうにもなりません。

ショッピングモールサイトの
大きなデメリットのひとつです。

 

モール型ECサイトとは?まとめ

どのビジネスにも言えますが、
集客が最も重要であり、
難しいところでもあります。

集客力があるというだけで
モール型ECサイトに
出店する価値は十分にあります。

無理して独自のネットショップを出店して
集客に苦労するのであれば、

最初はモール型ECサイトを中心に
販路を広げていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です